今更聞けない動画のダウンロードとストリーミングの違いを解説

今更聞けない動画のダウンロードとストリーミングの違いを解説動画・ネットに関する知識
クリス
クリス

初めて動画配信サービスを利用したんだけど、動画のダウンロード再生とストリーミング再生の違いってなに?

今更聞くの恥ずかしいんだけど、教えてほしい!

アメリア
アメリア

そんなに恥ずかしがらなくても大丈夫よ♪

ダウンロード再生とストリーミング再生の違いについて、きちんと教えてあげるから!

ダウンロード再生とストリーミング再生の違いを知りたい人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

ダウンロード再生とストリーミング再生の違い

ダウンロード再生とストリーミング再生の違い

出典:O-DAN

動画のダウンロード再生とストリーミング再生の違いを知るためには、まずそれぞれの意味を理解する必要があります。

 

ダウンロード再生とストリーミング再生の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • ダウンロード再生:「データを全部読み込んでから再生する方法のこと」
  • ストリーミング再生:「データを読み込みながら再生する方法のこと」

それぞれの意味から、「動画を再生するまでのデータの読み込み方法に違いがある」ということが分かります。

 

ちなみに、ストリーミング再生の利用が一般的です。

YouTubeや動画配信サービスもストリーミング再生が採用されています。

 

クリス
クリス

動画のダウンロード再生とストリーミング再生の違いって、結構単純なんだね。

もっと難しいのかと思っていたよ。

アメリア
アメリア

カタカナ表記で難しそうだけど、結構単純な違いなの!

理解さえできれば、あとは動画のダウンロード再生とストリーミング再生の特徴やデメリットを知るだけだね!

 

ダウンロード再生とストリーミング再生は特徴にも違いがある

ダウンロード再生とストリーミング再生は特徴にも違いがある

出典:O-DAN

ダウンロード再生とストリーミング再生の違いは、何も意味だけではありません。

それぞれの特徴にも違いがあるのです。

クリス
クリス

ダウンロード再生とストリーミング再生の意味が違うなら、特徴にも違いがありそうだよね。

アメリア
アメリア

そうなの!

特徴を理解できれば、あなたに合った再生方法が分かるメリットがあるわよ♪

それでは、ダウンロード再生とストリーミング再生の特徴を確認してみましょう。

 

ダウンロード再生の特徴

ダウンロード再生の特徴

出典:O-DAN

  • オフライン再生ができる
  • 通信制限にかからない
  • 動画再生までに時間がかかる
  • デバイスの空き容量が必要

ダウンロード再生の特徴は、主に上記の4つがあります。

それでは、各内容について、詳しく説明していきます。

オフライン再生ができる

 

〈オフライン再生とは〉

デバイスに保存したデータを通信量を抑えて再生する方法。

 

ダウンロード再生の特徴の1つに、「オフライン再生ができる」という特徴があります。

オフライン再生ができることで、どんなに通信環境が悪い場所であっても動画をスムーズに再生することができます。

 

通信制限になったスマホでも、Wi-Fiのある自宅でダウンロードしておけば、いつでも動画を楽しめますよ。

 

これは、ダウンロード再生最大のメリットでもあります。

通信制限にかからない

ダウンロード再生の特徴の1つに、「通信制限にかからない」という特徴があります。

なぜなら、ダウンロードした動画は再生しても通信量を使用しないから。

 

1度ダウンロードさえしてしまえば、通信制限を気にすることなく何度でも動画を再生できます。

 

ただ、ほとんどの動画配信サービスではダウンロード期間が設定されています。

その都度ダウンロードし直さなければならないことが、ややネックです。

動画再生までに時間がかかる

ダウンロード再生の特徴の1つに、「動画再生までに時間がかかる」という特徴があります。

 

ダウンロード再生の場合は、動画の全データをダウンロードしてからじゃないと再生できません。

つまり、「ダウンロードしている間はその動画を再生できない」ということ。

 

なので、ダウンロードしている間は、他の動画を見たり違う作業をしたりして、上手く時間を潰しましょう。

 

ちなみに、ダウンロード時間の平均は約2~3分くらいです。

動画時間によっては10分くらいダウンロード時間が必要になることもあるので、そこだけ注意しましょう。

デバイスの空き容量が必要

ダウンロード再生の特徴の1つに、「デバイスの空き容量が必要」という特徴があります。

 

〈容量(ストレージ)とは〉

アプリや写真といったデータを保管する場所のこと。
スマホで言う「64GB、128GB」などのことを指す。

 

動画をダウンロードするとき、必ずデバイスの容量を使用します。

ダウンロード時に空き容量が足らなかった場合は、動画のダウンロードができません。

 

ダウンロード再生を利用するときは、スマホの空き容量に注意を払っておきましょう。

ちなみに、容量は各スマホの「設定アプリ」から確認できます。

 

ストリーミング再生の特徴

ストリーミング再生の特徴

出典:O-DAN

  • すぐに動画を再生できる
  • デバイスの容量を気にせず再生できる
  • 通信量をかなり使用する
  • 通信環境によって再生速度が変わる

ストリーミング再生の特徴は、主に上記の4つがあります。

それでは、各内容について、詳しく説明していきます。

すぐに動画を再生できる

ストリーミング再生の特徴の1つに、「すぐに動画を再生できる」という特徴があります。

 

ストリーミング再生は、ダウンロード再生と違って動画を読み込みながら再生します。

なので、待機時間も数秒足らずで動画を再生することができます。

 

また、すぐに再生できるということは、「手っ取り早く色々な動画を楽しめる」ということです。

今すぐ色々な動画を再生したい人には、ストリーミング再生の利用をおすすめします。

デバイスの容量を気にせず再生できる

ストリーミング再生の特徴の1つに、「デバイスの容量を気にせず再生できる」という特徴があります。

 

ストリーミング再生は、ダウンロード再生と違ってデバイスの容量を使いません。

なので、アプリや写真で容量が限界の状態であっても動画を再生することができます。

 

元々容量が少ないスマホを利用している人は、ストリーミング再生を使用した方がいいでしょう。

通信量をかなり使用する

ストリーミング再生の特徴の1つに、「通信量をかなり使用する」という特徴があります。

 

ストリーミング再生は、ダウンロード再生と違って再生ごとに通信量を使用します。

なので、再生回数が増やせば増やすほど通信量を使用することになります。

 

それぞれの動画の通信量を比べてみると、その差は歴然です。

動画の通信量
ダウンロード再生(1作品あたり)ストリーミング再生(1時間あたり)
低画質約300MB約700MB~2GB
高画質約700MB約1GB~10GB

特に注意が必要なのが、楽天モバイルやUQモバイルなどの格安SIMを利用している人。

 

格安SIMは、通信量の上限が5GB~10GB程度と基本的にかなり少ないです。

なので、ストリーミング再生を利用すればすぐに通信制限にかかってしまいます。

 

ただ、Wi-Fiがある環境下であれば、通信量をおさえることができます。

どのスマホを利用している場合であっても、Wi-Fiがある環境下でストリーミング再生を利用するようにしましょう。

通信環境によって再生速度が変わる

ストリーミング再生の特徴の1つに、「通信環境によって再生速度が変わる」という特徴があります。

 

ストリーミング再生は、ダウンロード再生みたいに「オフライン再生」を利用できません。

なので、地下鉄内や山林地帯など、通信環境が悪い場所でストリーミング再生で動画を再生させることは難しいです。

 

ただ、都内やカフェ内など通信環境に弊害がない場所であれば、話は変わります。

ダウンロード再生でもストリーミング再生でも、快適に動画を再生することができます。

 

ダウンロード再生とストリーミング再生の利用シーン

ダウンロード再生とストリーミング再生の利用シーン

出典:O-DAN

ここでは、ダウンロード再生とストリーミング再生の利用シーンを紹介しています。

それぞれの特徴に合った利用すれば、快適に動画を楽しめますよ。

 

「どちらの再生方法も利用シーンがいまいち分からない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

クリス
クリス

ダウンロード再生とストリーミング再生の違いは分かったけど、いまいち利用方法が分からなかったから、これはかなりありがたい!

アメリア
アメリア

喜んでくれて何よりだわ♪

利用シーンに合わせて、各再生方法を利用してみてね!

それでは、ダウンロード再生とストリーミング再生の利用シーンを、具体例を挙げて紹介しています。

ダウンロード再生の利用シーン

  • 「外出先で見たい動画がある」
  • 「飛行機内で動画を楽しみたい」
  • 「通信制限でも快適に動画が見たい」

ダウンロード再生の利用シーンは、主に上記のような感じです。

 

ダウンロード再生のメリットは、やはりオフラインで動画を再生できるところ。

通信制限でも飛行機内でも関係なく動画を楽しめる部分が強みです。

 

通信量が減る心配もないので、外出先で動画を見たい人にもおすすめできます。

ストリーミング再生の利用シーン

  • 「とりあえず家で普通に動画を見たい」
  • 「友だちと色々な映画を見まくりたい」
  • 「アニメを一気見したい」

ストリーミング再生の利用シーンは、主に上記のような感じです。

 

ストリーミング再生のメリットは、すぐに動画を再生できるところ。

動画再生までの待ち時間がないので、気軽に動画を楽しむことができます。

 

ストリーミング再生は、動画の一気見や適当に動画を見たいときに最適の再生方法です。

 

まとめ

まとめ

出典:O-DAN

今回は、「ダウンロード再生とストリーミング再生の違い」について紹介しました。

本記事で紹介した「ダウンロード再生とストリーミング再生の違い」をまとめると、このようになります。

ダウンロード再生とストリーミング再生の違い
ダウンロード再生ストリーミング再生
再生方法動画の全データを読み込んでから再生動画のデータを読み込みながら再生
通信量かからないかかる
通信制限かからないかかる
デバイスの容量使わない使う
オフライン再生できるできない
動画再生までの時間かかるかからない

 

クリス
クリス

アメリアのおかげで、ダウンロード再生とストリーミング再生の違いをきちんと理解できたよ!

これで、自分に合った再生方法で動画を楽しめる!

アメリア
アメリア

それなら良かったわ♪

ダウンロード再生とストリーミング再生を使い分けて、快適に動画を楽しみましょうね!

ダウンロード再生もストリーミング再生も、特徴のある便利な再生方法です。

あなたもそれぞれの再生方法の違いを理解して、使い分けながら快適に動画を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました