NHKオンデマンドの評判&口コミを徹底リサーチ | 面白いのかメリット・デメリットも解説

NHKオンデマンドの評判&口コミを徹底リサーチ | 面白いのかメリット・デメリットも解説 NHKオンデマンド
クリス
クリス

NHKオンデマンドに登録してみようか迷っているんだけど、評判はどうなんだろう?メリットや注意点を知りたいな。

このような方に向けて、NHKオンデマンドの口コミ・評判を紹介していきます

アメリア
アメリア

NHKの作品を見たい方ならここ一択と言っても良いほど評判の高いサービスだよ。ただ、注意点もいくつかあるから参考にしてみてね!

月額990円のまるごと見放題パックがお得

公式サイトはこちら ▶︎

無料で観れる番組も期間限定で配信中!!

NHKオンデマンドは動画配信サービスの「U-NEXT」から契約することも可能です。

U-NEXTで契約するとお得ですし、NHKに個人情報を登録するのはちょっと…という人にオススメ。

公式サイト:U-NEXT(特別申し込みページ)

 

NHKオンデマンドの基本情報

NHKオンデマンド
料金 月額990円
無料お試し期間 なし
作品数 約7,000本
力を入れているジャンル ・大河ドラマ
・朝ドラ
・ドキュメンタリー(歴史や動物)
・旅番組
など
最高画質 ・HD(PC)
・SD(スマホ・タブレット)
動画ダウンロード なし
有料レンタル あり

NHKオンデマンドはその名の通り、NHKで放送された番組が見放題なサービスです。

  • 朝ドラ(連続テレビ小説)
  • 大河ドラマ
  • 歴史系のドキュメンタリー
  • 自然や動物のドキュメンタリー

などを楽しんでいる方が多く、合う人にはかなりコスパが高いと評判でした。

こういったNHK番組を見たい方にはかなりおすすめのサービスです。

NHKオンデマンドの月額料金と年間費用

NHKオンデマンドの料金と12ヶ月利用した場合の年間費用は以下の通り。

サービス名 NHKまるごと見放題パック
月額料金 990円(税込み)
年間費用 11,880円(12ヶ月間)
1日当たり 約32.5円(年間費用/365日)

月額でも1,000円未満のHNKオンデマンドは、年間でも12,000円かかりません。

1日当たりの料金に換算するとわずか32.5円となっており、非常にお得な価格設定となっています。

 

NHKオンデマンドの支払い方法

HNKオンデマンドの支払い方法について見ていきます。

複数の決済に対応していますが、一部まるごと見放題パックの決済には未対応の支払い方法もあるので注意が必要。

一覧表で確認してみましょう。

支払い方法 単品購入 見放題パック
クレジットカード
Yahoo!ウォレット
ドコモ払い
auかんたん決済
NETCASH
モバイルSuica

一覧で見てみると分かる通り、NETCASHとモバイルSuicaに関しては、見放題パックの支払いには対応していません。

 

他社動画サービスとの料金比較

次に、他社の動画配信サービスとの料金や作品本数の比較をしていきます。

以下の一覧表をご覧ください。

サービス名 月額料金(税込) 年間費用(税込) 作品本数
U-NEXT 2,189円 26,268円 140,000本
hulu 1,026円 12,312円 60,000本
Netflix 880円 10,560円 非公開

推定3,500本

FODプレミアム 976円 11,712円 40,000本
Amazon

プライムビデオ

408円(年間プラン) 4,900円 推定

25,000~30,000本

NHKオンデマンド 990円 11,880円 7,000本

U-NEXTHuluといった有名サービスと比較すると作品本数では圧倒的に劣るものの、料金についてはだいぶリーズナブルな価格設定となっていることが分かります。

作品本数については、NHK作品に特化している点を踏まえると、一概に比較できるものではありませんが、他社よりは配信数は少なめです。

 

NHKオンデマンドに無料トライアルは無し

無料トライアルについて調査しましたが、残念ながらNHKオンデマンドでは無料でお試しできるトライアル特典はありませんでした。

他社との連携で間接的な割引が可能

NHKオンデマンド自体には無料お試し期間が設定されていませんが、他社との連携により、間接的な割引を適用することは可能です。

その方法はU-NEXT会員になることです。

具体的には、以下のような方法で割引を適用します。

  1. U-NEXTに無料お試し期間つきで登録
  2. その間に提携しているNHKオンデマンドの見放題パックに申し込む
  3. U-NEXT初回特典で貰ったポイントを使って支払い
  4. 結果、NHKオンデマンドが990円から割引した値段で1ヶ月利用できる

少々強引な方法ではありますが、上記のような手段でNHKオンデマンドの料金を安くすることが可能。

NHKオンデマンドを1ヶ月間試してみたいという方は、U-NEXT経由での登録をぜひ試してみてください。

>> U-NEXT経由でNHKオンデマンドを登録する

 

NHKオンデマンドの4つの特徴

  1. 月額990円で視聴できる「まるごと見放題プラン」
  2. NHKの配信ジャンルと作品例
  3. マルチデバイスに対応
  4. 再生時の便利機能「レジューム」
  5. 他社サービス経由で登録することも可能

まずはHNKオンデマンドのサービスについて、その特徴をいくつかご紹介していきます。

見放題パックの詳しい内容や配信されている作品例、便利な機能面などについて見ていきます。

「NHKオンデマンドってこんなサービス」ということがよく分かる内容となっています。

① 月額990円で視聴できる2つの見放題プラン

NHKオンデマンドは月額990円で視聴できる見放題プランが2つ用意されていました。

「見逃し見放題パック」と「特選見放題パック」のから選ぶかたちでどちらかを利用するという仕様でしたが、最近サービスの改定により、2つの見放題パックが統合。「まるごと見放題パック」という名称で、2つの見放題内容が一つのサービスとして990円で利用できるようになりました。

※これまで2つのパック両方を契約していた方は、サービス統合によって料金が半額の990円と、かなりお得に利用できるようになりました。

サービスの内容は次にご紹介する通りです。

直近放送番組の見逃し配信が見放題

地上波やBSの衛星放送で放送されたNHKテレビ番組の見逃し配信が視聴できるのが大きな特徴。

見逃し配信は月々500本程度あり、放送直後から翌日にかけてすぐに配信がスタート。概ね1週間から2週間程度は配信され続けているため、見逃した番組が少し溜まってしまっても安心して見返すことができて便利です。

7,000本の過去作品がいつでも見放題

大河ドラマやNHK連続テレビ小説、ニュースや人気ドキュメンタリー番組など、約7,000本の動画が配信されており、いつでも好きな時に視聴することができます。

過去の名作や昨日テレビ放送されたばかりの作品が見放題であるまるごと見放題パックはNHKをよく視聴するファンの方にはもってこいの動画サービスです。

作品の単品購入も可能

見放題パックではなく、作品単体での購入も可能です。

1本あたり110円からレンタル配信されているNHKオンデマンド。

見放題パックに登録するほどではないけれど、1本だけ観たい作品があるとか、テレビで見逃してしまったドラマなどをピンポイントで観たいという方にはおすすめのサービスとなっています。

 

② 名作大河ドラマが多数配信

続いては魅力的NHKオンデマンドの配信作品について、そのジャンルと作品例を一部ご紹介していきます。

自身の好きなドラマや番組があるかぜひチェックしてみてください。

大河ドラマ

  • 麒麟が来る(2020年)
  • 龍馬伝(2010年)
  • 太平記(1991年)
  • 篤姫(2008年)
  • 西郷どん(2018年)
  • 天地人(2009年)
  • 北条時宗(2001年)
  • 利家とまつ(2002年)

連続テレビ小説

  • エール(2020年)
  • あまちゃん(2013年)
  • マッサン(2014年)
  • ゲゲゲの女房(2010年)
  • 花子とアン(2014年)
  • ふたりっ子(1997年)
  • なつぞら(2019年)
  • 梅ちゃん先生(2012年)

その他ドラマ

  • ディア・ペイシェント~絆のカルテ~(2020年)
  • 松本清張ドラマ「黒い画集~証言~」(2020年)
  • 今だから、新作ドラマ作ってみました 第3夜「転・コウ・生」(2020年)
  • これは経費で落ちません!(2019年)

エンタメ・ドキュメント

  • NHKスペシャル
  • プロフェッショナル仕事の流儀
  • クローズアップ現代
  • チコちゃんに叱られる
  • 有田Pおもてなす
  • SONGS

③ マルチデバイスに対応

NHKオンデマンドはマルチデバイスに対応。スマートフォン・タブレットはiOS、Androidで視聴可能。アプリでも利用可能です。

PCでもWindows・Mac両方に対応。概ねどのデバイスからでもNHK作品が楽しめる仕様となっています。

また、他社ケーブルテレビや他社動画配信との提携により、テレビでの視聴も可能となっており、環境によってはテレビのリモコンを操作するだけで簡単にNHKオンデマンドへアクセスすることも可能となっています。

 

④ 再生時の便利機能「レジューム」

動画再生時に便利に使える「レジューム」機能は、デバイスごとに再生停止した時点の記憶する機能。

同じアカウントでログインしたデバイスであれば、記憶した再生時間を呼び戻すことができます。

スマホで10分まで視聴したコンテンツを、PCで再度再生するときに、10分のところから自動再生してくるというのがこのレジューム機能の特徴。

途中で再生を中断することになったとしても、前回の続きからスムーズに視聴へ戻ることができる、非常に扱いやすい機能です。

⑤ 他社サービス経由で登録することも可能

ちなみにNHKオンデマンドは、AmazonプライムやU-NEXTを経由して登録することもできます

U-NEXT経由のNHKオンデマンド

出典:U-NEXT

すると本来は2サービス分の料金がかかりますが、U-NEXTの場合は別。

毎月もらえるポイントだけでNHKオンデマンドの月額料金がまかなえちゃうんですよね。

クリス
クリス

つまり、NHKオンデマンドが実質無料になるってことか。

場合によっては、NHKオンデマンド単体で登録するよりもお得なことがあります。

「一般的なドラマやアニメも見たいし、NHKも見たい。」という方は、ぜひU-NEXTの無料お試しをやってみてください。

アメリア
アメリア

無料期間はポイントが600円分貰えるから、実質300円ちょっとでNHKオンデマンドを使えるよ!

>> U-NEXT経由でNHKオンデマンドを登録する

 

NHKオンデマンドの評判・口コミ

それでは、NHKオンデマンドの良い口コミを見ていきましょう。

良い評判

全体的に「合う人にはコスパがめちゃくちゃ高い」という声が多かったです。

アメリア
アメリア

朝ドラや大河ドラマはもちろんのこと、ドキュメンタリーもかなり人気だったよ!私も自然や動物のドキュメンタリー好きだから見てみようかな。

アメリア
アメリア

「世界ネコ歩き」はかなり人気らしい!口コミを調べているときにかなり多く方が言及していたよ。

 

このように、NHKオンデマンドはかなり評価が高かったです。

見たい番組がある方は楽しめると思いますよ!

 

月額990円のまるごと見放題パックがお得

公式サイトはこちら ▶︎

無料で観れる番組も期間限定で配信中!!

 

悪い評判

次はNHKオンデマンドの悪い口コミを見ていきましょう。

以下のような意見が多かったです。

 

  1. 見たい作品が全部あるわけではない
  2. 日割りが無く、いつ入会しても月末までで990円かかる

① 見たい作品が全部あるわけではない

どうやらNHKオンデマンドは、全ての作品が揃っているわけではなさそうです

有名どころは基本的に配信されていますが、心配な場合は事前に調べた方が良さそうですね。

 

「自分の見たい作品がNHKオンデマンドで配信されているか」は、作品検索で調べることができます。

公式サイトにアクセスして、虫眼鏡マークをタップ

 

タイトルや出演者を入力してみてください。

② 日割りが無く、いつ入会しても月末までで990円かかる

NHKオンデマンドでは、入会した日に関わらず月末までで1カ月分の料金がかかります

例えば7/28に登録したとしたら、7/31までの4日間しか使っていなくても、月額990円がかかってしまうんですね。

 

そのため入会しようとしたタイミングが月末なら、少しまって月初に登録したほうがお得です。

 

NHKオンデマンドのメリット・デメリット

メリット

口コミや私の調査から、NHKオンデマンドには次のようなメリットがあることが分かりました。

  1. NHKオンデマンドじゃないと見られない作品がたくさんある
  2. NHKの受信をやめてオンデマンドだけ視聴するということもできる
  3. 見逃し配信で録画忘れの心配ナシ
  4. 年間費用は12,000円未満、一日あたり約32円とリーズナブル
  5. 支払いは6種類の決済に対応していて豊富
  6. マルチデバイス対応で見る場所を選ばない
  7. レジューム機能で途中再生でもスムーズな視聴ができる
  8. U-NEXTで登録すると実質無料で見られる

① NHKオンデマンドじゃないと見られない作品がたくさんある

NHKオンデマンドの一番のメリットは、やはり配信内容がオリジナリティにあふれる点かなと思いました

他の動画配信サービスであれば、だいたいどこを選んでも同じような作品を見ることができます。

配信作品は、NHKでおなじみとなる大河ドラマや連続テレビ小説、ドキュメントなどの番組が多数ラインナップしています。

大河ドラマでは、最新作となる2020年の大河ドラマ「麒麟が来る」はもちろんのこと、「龍馬伝(2010年)」「天地人(2009年)」「西郷どん(2018年)」「利家とまつ(2002年)」といった過去の名作大河ドラマが目白押しです。

NHK番組の場合は普通のサービスでは配信されていません。

TSUTAYAなどのレンタルサービスなら扱っていることもありますが、その場合はレンタル料が凄いことになってしまいます。

アメリア
アメリア

全話見ようと思ったら数万円かかることも。

そのため、NHKの番組を見たい場合はNHKオンデマンド一択と言っても良いくらいなんですよね。

 

② NHKの受信をやめてオンデマンドだけ視聴するということもできる

NHKオンデマンドを利用している方の中には、「NHKの受信をやめて、見たいものはオンデマンドで見るようにする。」という方も結構いました。

普段見もしないNHKの放送にお金を払うのをやめて、見たいときだけオンデマンドを使った方が圧倒的に安上がりです。

アメリア
アメリア

単純に料金が安いってのもあるし、NHKオンデマンドは気軽に退会・再入会できるからね。

このように、節約目的で入会するのも良いなと思いました。

 

③ 見逃し配信で録画忘れの心配ナシ

前述した通り、過去の名作から最新作まで観れてしまうNHKオンデマンドの「まるごと見放題プラン」。

最新作についてはドラマ作品はもちろん、放送されたばかりのエンタメ番組やニュースまでもが見逃し配信される仕様です。

早ければ放送直後、遅くとも放送翌日になれば対象作品・番組において見逃し配信として登場。うっかり見忘れてしまったり、録画し忘れた作品においても後からゆっくり見返すことができるのが優秀です。

 

④ 年間費用は12,000円未満、一日あたり約32円とリーズナブル

NHKオンデマンドの見放題プランは月額990円。年間費用に換算すると12ヶ月で11,880円となります。

これをさらに1年間365日で割ると、1日あたり約32.5円という価格に。

この値段はかなりお得で、缶ジュース1本よりも安い計算です。

月額料金だけでみるとそこまでお得な感じもしませんが、1日当たりの料金に換算すると非常にリーズナブルな価格であることが分かります。

1日32円払うだけで、いつでも好きなだけNHK作品が視聴できるのは、非常に大きなメリットの一つといえるでしょう。

 

⑤ 支払いは6種類の決済に対応していて豊富

NHKオンデマンドの決済は全6種類に対応しています。

 

  • クレジットカード
  • Yahoo!ウォレット
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • NETCASH
  • モバイルSuica

一般的なクレジットカードにも対応していれば、ドコモ・auのケータイ契約者ならケータイ料金とまとめて支払うことも可能。

幅広い決済手段が使えるNHKオンデマンドは契約者にとっては嬉しいポイントの一つです。

ただし、NETCASHとモバイルSuicaに関しては見放題プランでは利用不可となっていて、単品での都度購入にのみ対応という仕様のため注意が必要です。

 

⑥ マルチデバイス対応で見る場所を選ばない

マルチデバイスに対応しているNHKオンデマンドでは、スマートフォン・タブレット・PC、そしてネット接続可能な対象のテレビでの視聴が可能です。

外出先ではスマートフォン、家ではPCやテレビの大画面といった具合に、ユーザー様々なシチュエーションに応じたデバイスを選択して視聴することができ、利用の幅が広がって便利です。

場所を選ばすに活躍できるNHKオンデマンドの嬉しいメリットの一つと言えるでしょう。

 

⑦ レジューム機能で途中再生でもスムーズな視聴ができる

NHKオンデマンドに搭載された再生時の機能に「レジューム」というものがあります。

途中で再生を中断した動画に対し、別端末からアクセスしたときでも先に一時停止した時間から続きが再生されるという機能です。

※条件は同一アカウントでログインしていることが必要です。

勝手に先ほどの再生時間からスタートしてくれるので、いつ再生を止めても問題なし。どこから再生していたかをいちいち早送りしながら見直す必要がなくなる非常に便利な機能です。

 

⑧ U-NEXTで登録すると実質無料で見られる

記事前半でも少し話しましたが、NHKオンデマンドはU-NEXTやAmazonプライムビデオを経由して登録することもできるんです。

「NHKの放送だけじゃなくて、普通のドラマや映画・アニメも見たい!」という方はダブルで登録するというのもありです。

クリス
クリス

でもそうすると、2サービス分の料金がかかっちゃうんじゃないの?

アメリア
アメリア

確かにそうなんだけど、U-NEXTなら毎月もらえるポイントだけでNHKオンデマンドの料金がまかなえちゃうのよ。

U-NEXTでは、毎月1,200円分のポイントが自動でもらえます

このポイントはNHKオンデマンドの料金に当てることもできるので、NHKオンデマンドが実質無料で見られるようなものなんですね。

 

料金 作品
NHKオンデマンド 990円 NHK7,000本(低画質)
U-NEXT+NHKオンデマンド 1,990円 約20万本+NHK7,000本(高画質)
Amazonプライム+NHKオンデマンド 1,490円 約1.4万本+NHK7,000本(高画質)

たくさの動画を見たいという方なら、【U-NEXT+NHKオンデマンド】が圧倒的にコスパ高いです

また、そのほかにもU-NEXTを使うと

  • より高画質で見られる
  • Fire TVシリーズなどに対応している

というメリットもあります。

U-NEXT自体は31日間無料トライアルができるので、ぜひ一度試してみてください。

アメリア
アメリア

無料トライアルのときに600ポイント貰えるから、それをNHKオンデマンドに当てれば300円ちょっとで【U-NEXT+NHKオンデマンド】が見られるよ!

公式サイトU-NEXT(特別申し込みページ)

 

デメリット

残念ながらNHKオンデマンドにはイマイチな点もいくつかあったので紹介していきます。

デメリットは以下の3つです。

 

  1. NHKの作品しか配信されていない
  2. 配信期間を過ぎると見逃してしまう
  3. スマホだと画質が悪い
  4. ダウンロード機能が無い
  5. 無料期間が無い

① NHKの作品しか配信されていない

NHKオンデマンドでは、当然ながらNHKの作品しか配信されていません。

AmazonプライムビデオやHulu、Netflixのような映画・海外ドラマを期待できないのが欠点です。

ちなみに、アニメ作品では2021年現在、有名な作品だと「ふしぎの海のナディア」が配信されているのみでした。

そのため、NHK以外の作品も楽しみたいという人にとっては、NHKオンデマンドはあまり満足のいくサービスとは言えません。

 

② 配信期間を過ぎると見逃してしまう

NHKが提供する「まるごと見放題パック」では、直近に放送されたドラマやニュース番組などがすぐに見逃し配信されるのがメリット。

しかし、その配信期間には要注意。

見逃し配信の期間は1週間から2週間程度となっており、期限を過ぎると、配信ラインナップから削除されてしまいます。

見逃し配信で観られるから安心と思って視聴を先延ばしにしていると、いつの間にか配信終了もしくは都度課金での有料作品となってしまいます。

見逃し配信のメリットも一長一短。

裏を返せばデメリットとなり得るのが難しいところです。

 

③ スマホだと画質が低い

NHKオンデマンドはスマホ・タブレットで視聴する場合、SD画質でしか見られないというデメリットがあります。(PCは高画質OK)

例え作品が高画質に対応していても、スマホでは選択できないんですね。

クリス
クリス

ドキュメンタリーとか高画質で見られないのは痛いね。

アメリア
アメリア

対処法としては、さっきも紹介した通りU-NEXTやAmazonプライムを経由することかな。

U-NEXTやAmazonプライムであれば高画質に対応していますし、テレビ視聴もできるようになります。

機能面を重視したい方は、こういった使い方がおすすめです。

④ ダウンロード機能が無い

NHKオンデマンドには、ダウンロード機能がありません。

そのため、あらかじめ光回線などでダウンロードしておいてオフライン視聴するということはできないので気を付けてくださいね。

アメリア
アメリア

私は結構ダウンロード機能重視するんだよね。

ちなみに、ダウンロードに関してはAmazonプライムやU-NEXTを経由しても使えません。

NHKならではの著作権問題があるんでしょうね。

⑤ 無料期間が無い

NHKオンデマンドの地味に痛いデメリットは、無料期間がないことです。

クリス
クリス

確かに、いきなり990円払うのはちょっと不安だよね。

基本的にはここまで紹介したようなデメリットが大丈夫であれば楽しめると思いますが…。

どうしてもお試しがしたいというい場合は、やはりU-NEXTのポイントを使って格安お試しするのが良いかなと思いました。

 

NHKオンデマンドはこんな人のおすすめ

クリス
クリス

NHKオンデマンドの評価は分かったけど、結局私は登録したほうが良いのかな?

アメリア
アメリア

どんな人におすすめで、どんな人はやめておいたほうがいいのかをまとめてみたよ!

おすすめしないのはこんな人

まず、NHKオンデマンドは次のような方にはあまりおすすめしません。

  • NHKの番組で見たいものがない
  • 動画のダウンロード機能がついていないと嫌だ
  • 月末に登録しようとしている

このような方には合わないんじゃないかなと思います。

とはいえ、この記事を読んでいる方でNHKの番組に興味が無い方はほぼいないですよね。

なのでダウンロード機能と月末登録にだけ注意しておけばOKです

「今すぐ見たい!けど今は月末…。」という方は、単品レンタルがおすすめ

今月は単品レンタルで何話か見るだけにしておいて、月が変わったら月額会員に登録するのが良いかなと思います。

 

おすすめするのはこんな人

NHKオンデマンドをおすすめするのは次のような方です。

  • NHKの番組(朝ドラ・大河ドラマ・ドキュメンタリーなど)で見たいものがたくさんある
  • NHKの受信をやめて、オンデマンドだけにしたい
  • U-NEXTを既に使っている(ポイントがいくらか余っている)

NHKオンデマンドはとにかく、ここでしか見られない作品がたくさんあります。

こういったものを見たい方にはかなりおすすめです(というか、それしか方法が無い。)

今までに見たことのないドラマやドキュメンタリーを探してみるのも面白いと思います。

あと、やっぱり個人的にはU-NEXTと組み合わせることがおすすめですね

普通のアニメや映画も見たいという方は、ぜひU-NEXTのポイントを使って登録してみてください。

アメリア
アメリア

U-NEXTは31日間無料&600ポイント貰えるから、実質300円ちょっとでトライアルできるよ。

公式サイト:U-NEXT(特別申し込みページ)

 

NHKオンデマンドで見るべきおすすめ作品一覧

最後に、NHKオンデマンドでおすすめor人気な作品を紹介して終わります。

作品
大河ドラマ 龍馬伝
花燃ゆ
八重の桜
西郷どん
真田丸
篤姫
新選組!
天地人
女城主 直虎
朝ドラ あまちゃん
マッサン
スカーレット
あさが来た
ごちそうさん
半分、青い
おしん
ちゅらさん
その他 世界ネコ歩き(人気!)
100分de名著(人気!)
さよなら私
歴史ヒストリア
その時歴史が動いた
心を癒すということ
クリス
クリス

見てみよっと!

 

月額990円のまるごと見放題パックがお得

公式サイトはこちら ▶︎

無料で観れる番組も期間限定で配信中!!

NHKオンデマンドは動画配信サービスの「U-NEXT」から契約することも可能です。

U-NEXTで契約するとお得ですし、NHKに個人情報を登録するのはちょっと…という人にオススメ。

公式サイト:U-NEXT(特別申し込みページ)

 

 

NHKオンデマンドの登録・申込方法

NHKオンデマンドの登録方法について解説していきます。

無料でできる会員登録から、見放題パックの購入手続きまでの操作手順を画像付きでご紹介します。

操作の流れを把握したい方は本項を参考にして頂くと分かりやすく簡単に手続きを終えられるのでおススメです。

また、登録がうまくできないという方向けの対処方法についても触れておきます。既に登録にチャレンジしてるけど、手続きを完了できないという方も合わせてご覧ください。

 

NHKオンデマンド登録手順

NHKオンデマンドの登録手順は以下の通り。

これからサービスの登録を始める方は、こちらの手順通りに操作すれば簡単に登録から見放題パック購入まで進めます。

1.公式サイト上部「新規会員登録」を選択

 

2.氏名などの情報を入力し「同意する」を選択

 

3.登録内容を確認し「仮登録する」を選択

 

4.届いたメールをチェックし本文URLをクリック

 

5.新規会員登録完了の画面を確認し、サイトTOPへ

 

6.サイトトップから「マイページ」を開く

 

7.「まるごと見放題パック990円」を選択

 

8.「以下の内容に同意して購入する」を選択

 

9.決済方法を選択して「決済方法を決定」を選択

 

10.決済情報を入力して「決定」を選択

操作の流れは以上となります。

 

クレジットカードなど、決済情報を入力するために必要な情報はあらかじめ準備しておくとスムーズに手続きを完了できます。

 

登録がうまくいかない時の対処法

上記の登録手順がうまくできないという方。そういった方は、こちらの内容をチェックしてみてください。

登録がうまくいかない時の原因と対処方法について触れていきます。

仮登録メールが届かない

新規会員登録をするためには、メールアドレス情報を入力し、仮登録メールを受け取るという手順が必要となります。

その仮登録完了メールが登録したはずにメールに届かないというのが、最も起きやすいトラブルの一つです。

原因は次のような点が考えられます。

  • 登録時のメールアドレスが誤っている
  • 迷惑メール対策設定で拒否している

間違いなく登録したと思って入力したメールアドレスの文字列が間違っていて、仮登録メールが届かない場合があります。

その場合は、面倒ですがもう一度魁夷情報の入力からやってみましょう。

また、迷惑メール対策の設定により、NHKオンデマンドからのメールをブロックしてしまっている可能性も考えられます。

主にケータイのキャリアメールを使っている方は、下記ケータイ会社のサイトから迷惑メール設定の見直しをしてみてください。

 

決済情報を入力するがエラーになる

見放題パックなどの購入手続きの際にクレジットカード情報がうまく入らないという方が多いです。

クレジットカードでの決済がうまくいかない時の原因は次の点が考えられます。

  • カード情報が古くて使えない
  • カード利用枠の上限に達している

しばらくクレジットカードを使っていなかったりすると、カードの更新時期が過ぎている可能性があります。

まずはカード券面に記載されている有効期限を確認。期限が過ぎてしまっているようであれば、自宅に新しくなったクレジットカードが届いてたりしないかを確認しましょう。

また、カードの利用限度額を超えてしまった場合にも使えないことがあります。

ひと月の利用限度額はカードにより異なりますが、直近に大きな額の買い物をクレジットカードで行った場合などは、限度額を超えてしまい今月は利用できない恐れもあります。

持っているのなら違うクレジットカードでの登録を行ってみましょう。

NHKオンデマンドの支払い方法

続いては、NHKオンデマンドの支払い(決済)方法について触れておきます。

NHKオンデマンドで商品を購入する際には決済情報を入力する必要があります。

対応している決済方法や、選ぶ決済方法による注意点について見ていきましょう。

 

決済方法の種類

NHKオンデマンドの決済方法は全部で6種類。

クレジットカードやケータイ料金との合算払いなど、便利な決済手段に対応しています。

  • クレジットカード
  • Yahoo!ウォレット
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • NETCASH
  • モバイルSuica

ドコモ払い、auかんたん決済といったケータイ料金に合算して請求されるケータイ払いはおすすめ。クレジットカード情報を登録したりするのが面倒という方は、契約中の手持ちケータイから操作をすれば簡単に決済手続きを完了できます。

残念ながらソフトバンクのケータイ合算払いには対応していないのが難点。ケータイ払いを利用できるのはドコモとauの2社のみとなっています。

 

決済方法による違いは?

決済方法は全部で6種類に対応していると前述しましたが、これには条件がつきます。

NETCASHとモバイルSuicaの2種類の決済手段については、見放題パックの購入には適用できない仕様となっていて、都度課金での動画単品の購入にのみ使える決済方法となっています。

見放題パックを契約したい方は、クレジットカード、Yahoo!ウォレット、ドコモ払い、auかんたん決済の4種類から選ぶようになりますので、予め注意しておきましょう。

 

NHKオンデマンド登録時の注意点

続いては、NHKオンデマンドへ登録する際に気を付けておきたい注意点について解説していきます。

登録操作の入り口や、料金に関して、事前に知っておくことで登録をスムーズに、かつ後悔しないで手続きをすることができるようになりますので、本項もぜひチェックしてみてください。

アプリからの登録はできない

NHKオンデマンドの登録はアプリからはできません。アプリでは登録した会員情報(ID・パスワード)を入力してのログインからの利用となります。

そのため、登録作業は必ず公式のWEBサイト(ブラウザ)から行っていくようになりますので、予め把握しておいてください。

無料トライアル特典はナシ

残念ながら、NHKオンデマンドには初回利用の方に向けた無料トライアルの特典は付いていません。

見放題パックや単品で動画を購入する場合は、始めから料金が発生する仕組みとなっています。

動画配信サービスでは当たり前となりつつある初回無料トライアルの特典。NHKオンデマンドでも当然ついていると思い込み、勢いで見放題パックを契約してしまうと、思わぬ請求が来て驚くことになってしまいます。

「NHKオンデマンドは初月からお金がかかる」

この点は予め理解したうえで契約するように注意していきましょう。

見放題パックの更新日に注意

NHKオンデマンドの見放題パックは毎月月末締めの更新日となっていて、日割り計算による請求がありません。

そのため、月のいつ始めたとしても月末を過ぎて翌月1日になると2ヶ月目の料金が発生していきます。

例えば、1月30日に見放題パックを契約した場合、その時点で初月990円が発生。そして2日後の2月1日には2ヶ月目の料金がすぐに発生してしまい、非常に損をしてしまいます。

月末になるほど契約時の損が大きくなるため、月初めに契約することをお勧めします。

 

NHKオンデマンドの解約・退会方法

NHKオンデマンドの解約・退会方法について解説していきます。

主に「見放題パックの解約」「アカウント削除(退会)」の2つの手続きについて、画像付きでご紹介します。

今すぐ解約・退会したいという方は、本項の手順を参考に、ぜひ一緒に端末を用意して手順を進めていくと便利ですのでおススメです。

見放題パック解約手順

まずはNHKオンデマンドの「見放題パック」の解約手順について見ていきましょう。

手続きはNHKオンデマンドの公式サイトから進めていきますので、手持ちのスマートフォン・タブレット・PCから行うことができます。

 

1.NHKオンデマンド公式サイトへログイン

まずはNHKオンデマンド公式サイトへアクセス。

 

自身のID・パスワードでログインしていくところがスタートします。

 

ID・パスワードを忘れてしまった場合は後述の内容を確認してください。

 

2.「マイページ」を開く

ログインができたらすぐさま「マイページ」を開きます。

 

3.マイコンテンツ内「購入済みの番組」を確認

「マイコンテンツ」カテゴリーにある「購入済み(視聴期間内)の番組」をチェックして、「見放題パック」の名称があるかを確認しましょう。

 

4.商品名「見放題パック」の「解約」を選択

「見放題パック」の内容を確認できたら、同じ場所にあるリンク「解約」表示を探して選択していきましょう。

 

5.手続き内容を確認して解約を確定する選択

あとは画面に従って内容を確認したら解約を確定するだけ。

 

「解約手続きが完了しました」と表示されれば手続きは完了です。

 

 

会員退会(アカウント削除)手順

続いては、会員の退会(アカウント削除)手順について見ていきましょう。

 

会員退会は必須の手続きではありませんが、今後NHKオンデマンドのサービスを利用する機会がないという方は、本手順も合わせてやってしまった方がよいでしょう。

 

1.公式サイトログイン後「マイページ」を開く

まずは解約手順と同じく公式サイトへログインし、マイページを選択していきます。

 

2.メニュー「会員退会」を選択

画面上部のメニュー欄右上に表示されている「会員退会」というところを選択します。

 

3.退会理由を入力し「退会確認する」を選択

画面に従い、退会理由を入力します。ここの入力は必須ですので、何かしらの理由を必ず記入しましょう。

 

4.内容を確認し「退会する」を選択

あとは、内容を確認して退会を確定するだけ。

 

この操作で退会が確定となり、取り消すことができませんので、納得した上で手続きを進めてください。

 

ログインできない時の対処法

NHKオンデマンドはアプリから利用できるため、ログインする機会があまり無くなる便利さがあります。

 

ですが、その弊害としてログインするために必要な会員IDとパスワードを忘れてしまうデメリットも

 

続いては、もしログインするための情報を忘れてしまった場合の対処方法についても解説していきます。

 

会員IDを忘れてしまった

会員IDはNHKオンデマンドでの自身のアカウントを示す大切なIDで、これを忘れてしまうと非常によくありません。

 

なぜなら会員IDは変更や再登録ができない仕組みであるため。一度忘れてしまうと自身で簡単に対処する方法がなくなってしまうため、絶対に避けたいところです。

 

IDは会員登録時に送られてきたメール「NHKオンデマンド会員登録手続き完了のお知らせ」に記載されているため、過去のメールをチェックしてみてください。

もし、会員登録時のメールも見当たらずIDを探す術も無くなってしまった場合は、NHKオンデマンドに問い合わせて対処方法を伺ってみてましょう。

【NHKオンデマンドコールセンター】
0570-083333
IP電話・携帯電話から(03-6743-6777)

【NHKオンデマンドお問い合わせフォーム】
https://www.nhk-ondemand.jp/inquiry/

受付時間: 9:30~22:00

 

パスワードを忘れてしまった

NHKオンデマンドへのログインには会員IDの他にパスワードが必要。IDは分かるけれどパスワードを忘れてしまったという場合は、再登録が可能です。

ログイン画面の「パスワードを忘れた方はこちら」よりパスワードの再登録を行いましょう。

再登録時には会員IDに加え、氏名、メールアドレス、生年月日の入力が必要となります。メールアドレスは忘れがちですが、これがないと再登録できないため、きちんと覚えておきましょう。

 

【補足】U-NEXT経由で購入した場合の解約

NHKオンデマンドは他社サービスであるU-NEXTと連携しており、U-NEXT会員からNHKオンデマンドの見放題パックを契約することも可能です。

ポイントを使って割引することもできるため、U-NEXT経由でNHKオンデマンドのコンテンツを購入する方も少なくありません。

ただ、NHKオンデマンドの見放題パックをU-NEXT経由で契約した方の場合は、前述した解約手順とは異なります。

手続きはU-NEXTの公式サイトから行っていく手順で以下の通り。

  1. WEBからU-NEXTにログイン
  2. 「設定・サポート」を開く
  3. 「契約内容の確認・変更」を選択
  4. NHKオンデマンドパックを探して「自動更新の解約」を選択

U-NEXT経由でNHKオンデマンドの月額プランを購入した方は、この手順で解約できます。

逆に、NHKオンデマンドのサイトからの解約はできませんので、必ず上記操作手順で行いましょう。

また、U-NEXT経由でNHKオンデマンド見放題パックを購入した方の場合、アカウントはU-NEXTのものですので、NHKオンデマンドから退会するという手続きは不要となります。

U-NEXTの解約手順については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

 

解約・退会前に知っておきたい注意点

続いては、NHKオンデマンドの解約・退会前に知っておきたい注意点について解説します。

前述した解約・退会手順をすぐにやっても問題ありませんが、本項の内容を理解しておくと、より安全に納得して手続きを終えることができますので合わせてご覧ください。

見放題パックは解約時点で視聴不可

NHKオンデマンドの見放題パックを解約すると、その時点でサービスの利用ができなくなる仕組み。

動画配信サービスの中には、解約手続きを行っても、契約満了日まではサービスが利用できるものがあり、解約後も期限ギリギリまで動画を楽しむという使い方が可能なものがあります。

ですが、NHKオンデマンドでは解約手続きを完了したら即、サービスの利用は中断され、利用不可となります。

見放題パックの契約締め日は月末であるため、もしサービスを期限まで十分に楽しんでから辞めたいという方は、月末ギリギリに解約手続きをするのがお得な使い方となります。

アプリ削除で解約とはならない

NHKオンデマンドはWEB版とアプリ版があります。スマートフォン時代では手持ちのスマホ・タブレットのアプリ版で動画視聴する方が多いでしょう。

ですが、NHKオンデマンドの見放題パックはアプリをアンインストール(削除)するだけでは解約とならないので注意しましょう。

前述した解約の手続きをしなければサービス解約・退会とはならりません。アプリを削除したところで安心してしまうと、後々思いもよらぬ請求が来て驚いてしまいます。

また、アプリ版では解約手続きをすることもできないため、必ずWEB版のNHKオンデマンドへログインして手続きする必要があることを理解しておきましょう。

退会前に見放題パックの解約を

今回ご紹介した解約・退会方法は、見放題パックの解約とアカウントの削除(退会)に分けられていますが、手順としては解約手順から行っていくのがおススメです。

見放題パックを解約する前に退会処理をしてしまった場合は、見放題パックの更新が停止されているかの確認が取れないまま退会となってしまうため、あまりおススメできません。

万が一見放題パックを解約せずに退会してしまった時は、念のためNHKオンデマンドへ問い合わせして確認したほうがよいでしょう。

【NHKオンデマンドコールセンター】
0570-083333
IP電話・携帯電話から(03-6743-6777)

【NHKオンデマンドお問い合わせフォーム】
https://www.nhk-ondemand.jp/inquiry/

受付時間: 9:30~22:00

 

NHKオンデマンド初月料金をお得にする裏ワザ

登録時に注意点で述べた通り、NHKオンデマンドは残念ながら31日間や2週間といった無料トライアルの特典・キャンペーンは実施されていません。

そのため、月額プランに登録すると初月から月額料金990円が発生してしまいます。

しかし、ある方法を使えば初月の料金を割引して利用することが可能です。それは「U-NEXT経由でのNHKオンデマンド見放題パックの購入」という方法です。

 

U-NEXT経由で登録すればポイントで割引可能

U-NEXTではNHKオンデマンドと提携しており、U-NEXTアカウントを使ってNHKオンデマンドの作品を視聴することが可能。

もちろん、U-NEXT経由でもNHKオンデマンドを見るには月額料金990円がかかるのですが、U-NEXTの場合動画の購入に使えるポイントが付与される仕組みとなっています。

ポイントをNHKオンデマンドの見放題パックに適用することで、初月の月額料金を割引して視聴できるという裏ワザです。

2021年に試した段階では、U-NEXT初回登録の特典で600ポイントが付与され、それをそのままNHKオンデマンドの「まるごと見放題パック」に適用した結果、990円の月額料金を390円に割引することができました。

ただし、この方法はU-NEXTにも登録する必要があるため、少々面倒。また、過去にU-NEXTを利用したことがある方の場合、再登録ではU-NEXTの無料トライアルが適用されません。

NHKオンデマンドを見る目的のために、U-NEXTで月額2,000円を払うという、本末転倒な事にもなりかねません。

U-NEXTへの登録が2回目以降という方でも無料トライアルの恩恵を貰える「U-NEXT登録の裏ワザ」もあるので、どうしてもNHKオンデマンドの初月料金を安く使いたいという方は、こちらの記事の内容を参考に、U-NEXT経由でのNHKオンデマンド購入を試してみてください。

U-NEXTの登録方法はこちら。

 

U-NEXTへの登録手順も念のため記載しておきます。

  1. U-NEXTの公式サイトで「まずは31日間無料体験」を選択
  2. お客様情報を入力して「次へ」を選択
  3. 決済情報を入力して「送信」を選択
  4. 登録完了

 

解約時もU-NEXT経由で行う

U-NEXTアカウントからNHKオンデマンドの見放題パックを購入した方の場合、解約時もU-NEXTから行う必要があります。

手順はU-NEXT見放題プランの解約手順と同じ場所からスタート。

  1. WEBからU-NEXTにログイン
  2. 「設定・サポート」を開く
  3. 「契約内容の確認・変更」を選択
  4. NHKオンデマンドパックを探して「自動更新の解約」を選択

U-NEXT経由でNHKオンデマンドの月額プランを購入した方は、この手順で解約できます。

この場合、NHKオンデマンドのサイトからの解約はできませんので、必ず上記操作手順で行いましょう。

U-NEXTの解約手順はこちら。

 

まとめ

今回は、人気の動画配信サービス「NHKオンデマンド」について、サービスの特徴や料金、無料トライアルを詳しくご紹介していきました。

最後に本記事の内容をまとめると以下の通りとなります。

  • 月額990円で視聴できる「まるごと見放題プラン」
  • 大河ドラマや連続テレビ小説などNHKのあらゆる作品が見放題
  • 直近放送された番組の見逃し配信も視聴可能
  • 支払いは6種類の決済に対応していて豊富
  • マルチデバイス対応で場所を選ばず視聴できる
  • 動画のダウンロード保存・視聴は非対応
  • 年間費用は12,000円未満、一日あたり約32円とリーズナブル
  • お試しできる無料トライアル期間はナシ
  • ただし、U-NEXT経由でのポイント利用で間接的に割引は可能

以上がNHKオンデマンドの特徴をまとめた内容となります。

HNK番組が好きな方、見逃してしまったあのドラマをもう一度見たいという方にとってはうってつけのHNKオンデマンド。

無料トライアルを適用するにはU-NEXT経由でやるといった難関があるものの、割引で1ヶ月試せるのであれば、チャレンジしてみてるのもよいかもしれません。

クリス
クリス

NHKオンデマンドのすべてが分かった気がするよ!
ありがとう、アメリア!

アメリア
アメリア

それは良かった!
料金もリーズナブルだし、登録のハードルはそこまで高くないわね。

月額990円のまるごと見放題パックがお得

公式サイトはこちら ▶︎

無料で観れる番組も期間限定で配信中!!

NHKオンデマンドは動画配信サービスの「U-NEXT」から契約することも可能です。

U-NEXTで契約するとお得ですし、NHKに個人情報を登録するのはちょっと…という人にオススメ。

公式サイト:U-NEXT(特別申し込みページ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました