スポンサーリンク

学割のある動画配信サービス3選|料金や特徴を徹底解説

学割のある動画配信サービス3選|料金や特徴を徹底解説動画配信サービス

このページでは、学割のあるサブスク(月額定額制)動画配信サービスについて詳しくご紹介していきます。

 

「学生なのでできるだけ安く映画・ドラマ・アニメを観たい」
「学割があるサブスク動画配信サービスを知りたい」

 

このような方に向けた内容となっています。

日々の学生生活をより楽しくするための動画配信サービスを、お手頃価格で利用したい方はぜひチェックしてみてください。

 

動画配信サービス学割のあり・なしを一覧で紹介

国内主要のサブスク(月額制)動画配信サービスを当サイトで独自調査を実施。学生割引やそれに相当するサービスがあるかを一覧表でまとめました。

 

サービス名  学割の有無     月額料金(税込)     無料トライアル  
Amazonプライムビデオ通常:500円/月
学生:250円/月
年払い通常:4,900円
生払い学生:2,450円
通常:30日間
学生:6ヶ月間
AppleTV+通常:600円/月
学生:実質480円/月(※)
通常:最長3ヶ月間
学生:最長48ヶ月間
YouTubeプレミアム通常:1,180円/月
学生:680円/月
1ヶ月間
U-NEXT2,189円/月31日間
Netflix990円/月~
Hulu1,026円/月2週間
dTV550円/月31日間
FODプレミアム976円/月2週間
dアニメストア440円/月31日間
アニメ放題440円/月1ヶ月間
TELASA618円/月2週間
Disney+990円/月
DAZN2,600円/月
DMM見放題chライト550円/月30日間
NHKオンデマンドまるごと見放題パック990円/月31日間
※条件付き

※AppleMusic学割プラン(月480円)に申し込むことでAppleTV+が期間中無料で付く。

※ 2022年8月時点の情報です ※

意外と少ない学割付きサブスク動画配信サービス

調査の結果、学生割引プランのある動画配信サービスは意外と少ないことが分かりました。

2022年2月現在で判明した学割のある動画配信サービスは、「Amazonプライムビデオ」「AppleTV+」「YouTubeプレミアム」の3つのみ。

サブスク動画の有名どころとして「Netflix」や「Hulu」「U-NEXT」なども挙げられますが、どれも学割に相当するサービスやクーポンはありませんでした。

 

学割のある動画配信サービス3つ|特徴や料金を紹介

学割のある動画配信サービスが分かったところで、続いてはこれら3つの動画配信サービスについて、学割サービスの詳細をはじめ、料金や特徴などを深掘りしていきましょう。

気になるサービスを重点的にチェックしてみてください。

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ」は世界でも有名な通販サイト「Amazon」が提供するサブスクリプション(月額定額制)の動画配信サービスです。

Amazonプライムビデオの割引サービスの詳細や特徴について確認しましょう。

 

月額料金が半額の250円+6ヶ月間無料!

学生向けプライム会員である「Prime Student」に入会することで、Amazonプライムビデオの月額料金が半額の250円/月で利用できます。

さらに6ヶ月間の無料トライアルも付いてくるため、安い料金がさらに安くなるのです。

大学生(大学院)や専門学校生が対象で、最長で4年間適用されるため、まさに学生の味方ともいうべき割引サービスです。

 

 

アメリア
アメリア

ちなみに、高校生はPrime Student会員の対象外です。

 

 

映画・ドラマ・アニメなど見放題動画が1万本以上

Amazonプライムビデオでは邦画・洋画・韓流を問わず、さまざまなジャンルの映画・ドラマが配信されているほか、アニメはテレビ放送中の最新作が見逃し配信されているなど、旬な作品を幅広くチェックできます。

見放題動画は10,000本以上と、月額250円とは思えない良質なクオリティを実現しています。

 

会員はAmazonのお急ぎ便手数料がタダに

「プライムビデオ」は通販サイト「Amazon」のプライム会員特典でもあるため、Amazonでの買い物もお得になります。

購入日当日の発送を実現する「お急ぎ便」や、配達日時を指定できる「お届け日時指定便」の利用が無料になるなど、ネットでのお買い物が手軽になるのも大きな魅力です。

 

その他3種類のWEBサービスが使い放題

Prime Student会員は他にも、以下3つのWEBサービスが使えます。

  • Prime Music
  • Prime Reading
  • Amazon Photos

200万曲が聴き放題となるストリーミング音楽サイト「Prime Music

対象のタイトルが「Kindle」や「Kindleアプリ」で読み放題となる「Prime Reading

そして容量無制限のクラウドストレージ「Amazon Photosなど、お得なツールが会員期間中は使い放題になります。

 

AppleTV+

Apple TV+」はiPhoneでおなじみのAppleが提供する動画配信サービス

通常は月額600円のところ、学生の場合は実質480円で最大48ヶ月間(4年間)利用できます。

 

学生割引の仕組みは「Apple Music」

Apple Music」は同じくAppleが提供するストリーミングの音楽再生ツールで、本来は月額980円であるところ、学生の場合は480円に割引されます。

加えて学割期間中はApple TV+が無料で付いてくるので、学生は月480円でApple TV+とApple Musicが使い放題になるという仕組みです。

一般の方と比べると1,100円の割引になるため、非常にお得な割引プランと言えます。

ただし対象は、大学・短大・専門学校生で、高校生は対象外なので注意しましょう。

 

全てオリジナル!Apple TV+の映画・ドラマ・アニメ

Apple TV+の特徴は、配信作品のすべてがAppleオリジナル作品であることです。

2019年スタートと、まだ日が浅いサービスであるため作品数はさほど多くありませんが、トムハンクスなどの有名ハリウッド俳優が出演するなど、高い評価を得ている作品も多いです。

 

クリス
クリス

映画も見放題、音楽も聴き放題で480円はかなりお得だね♪

YouTubeプレミアム

YouTubeプレミアム」はGoogleが運営する動画サービス「YouTube」の有料プラン。

通常は1,180円のサービスが、学割だと500円オフの680円で利用できるようになります。

 

「広告なし」と「バックグラウンド再生」

YouTubeは通常、動画視聴の前や途中に数十秒の広告が入るのが基本です。

対して、プレミアム会員では広告が無くなるため、ストレスなく動画を楽しむことができます。

また、バックグラウンド再生にも対応するため、スマホアプリを閉じて別の操作をしながら動画を視聴するといった使い方が可能になります。

 

 

アメリア
アメリア

「広告なし」はストレスフリーで嬉しい機能ですよね!

YouTube Music Premiumも使える

学生の場合、YouTubeの機能向上に加え「YouTube Music Premium」が使えるのも大きなメリットです。

YouTube Music Premiumはストリーミングの音楽再生ツール。話題の楽曲をはじめ膨大な数の楽曲が聴けて、なおかつ広告なし・バックグラウンド再生・オフライン再生に対応しています。

学生には通学時のお供として心強い音楽ツールとなるでしょう。

 

無料トライアルは1ヶ月間

YouTubeプレミアム、およびYouTube Musicは、初回のみ1ヶ月間の無料トライアルが付いてきます。

その後は学生なら680円の月額料金で利用することになりますが、無料期間中の解約なら料金はかかりません。

ノーリスクでお試しできるため、手軽に登録できるのも大きなメリットです。

 

学割なしでも十分安い!格安の動画配信サービスはこれ

学生がお得に利用できる動画配信サービスは前述した3つのみと、学割プランつきのサービスは意外に少ないのが現実です。

できるだけ安い動画サービスを探しているのなら、Amazonプライムビデオの学割プラン「Prime Student」が最もおすすめです。

しかし学割にこだわらないのであれば、学生の方でも手軽に登録できる安い動画配信サービスはあります。

続いては、学割がなくても安いおすすめの動画配信サービスをご紹介します。

 

dTV

dTV」は、携帯電話でおなじみドコモが運営する動画配信サービス

映画は洋画・邦画とバラエティに富んでおり、ドラマも国内・韓流なども幅広く扱われています。

アニメでは話題の新作や往年の名作まで見放題と、多くの年齢層・ユーザーが楽しめるラインナップです。

 

動画120,000本以上が月額550円で見放題

dTVで観られる動画は120,000本以上あり、それら全てが見放題です。

月額料金は550円(税込)とワンコイン価格で済むため、コストパフォーマンスにも優れています。

 

 

アメリア
アメリア

学生の方でも負担を少なく利用できるのでおすすめです。

 

ドコモユーザーなら携帯料金に合算して支払い可能

ドコモのケータイを使っている方なら、携帯電話料金に合算して支払いすることができます。

新たにクレジットカード決済の登録などを行う必要がないため、クレジットカードを持てない学生の方でも契約できるチャンスがあります。

 

dアニメストア

dTVと同じくドコモが運営する動画配信サービスが「dアニメストア」。

dアニメストアはアニメ専門の動画配信サービスで、多くのメリットがあります。

 

アニメ特化型の動画配信サービスが月額440円

dTVとは異なりアニメに特化しているのが最大の特徴。

テレビ放送中の最新作から、過去の名作までおよそ4,000タイトル、動画本数にして数万本のアニメが見放題となっています。

また、月額料金は税込440円という、動画配信サービス業界ではトップクラスの安さが売りです。

お気に入りのアニメを発掘したい方、最新アニメをリアルタイムで追いかけたい方と、アニメファンの必需品といっても過言ではありません。

 

クリス
クリス

月額440円でアニメ見放題はお得だね!

アメリア
アメリア

アニメファンにとって生活の一部ね!

 

ドコモユーザーなら携帯料金に合算して支払い可能

dTVと同様、dアニメストアもドコモの提供サービスであるため、携帯料金と合算して支払いが可能です。

学生であるためカードを持っていない方も少なくないはず。そんな方でも登録しやすいのが魅力です。

 

DMM見放題chライト

DMM見放題chライト」は、DMMが運営する動画配信サービス。

一般の映画・ドラマはもちろん、グラビアやアダルト作品が豊富なのが大きな特徴で、男子学生におすすめのサービスです。

 

月額550円でアダルト作品2,000本が見放題

「DMM見放題chライト」最大の魅力はアダルト作品です。

有名メーカーのアダルト作品約2,000本が見放題。作品は頻繁にアップデートされるため、比較的旬で新しい女優さんの作品も配信されています。

月額料金も550円(税込)とかなり安いので、男子学生の日々の生活に持ってこいのサービスと言えるでしょう。

 

一般作品は手薄な印象

DMM見放題chライトは、アダルトだけではなく、一般の映画・ドラマなども配信されています

ただ、アダルト作品と比較すると一般作品の手薄感は否めません。

 

 

アメリア
アメリア

アダルト作品が不要であれば「dTV」」など他の動画配信サービスの方がおすすめです。

まとめ

今回は、学割のある動画配信サービスについて詳しくご紹介していきました。

最後に本記事の内容を振り返ってみましょう。

 

  • 学割のある動画配信サービスはAmazonプライムビデオ・AppleTV+・YouTubeプレミアムの3つ
  • Amazonの学割プラン「Prime Student」は月額が半額の250円になる
  • 「AppleTV+」はApple Musicとのセットで学生は月480円で利用できる
  • 「YouTubeプレミアム」は広告なし・バックグラウンド再生ができて月680円
  • 割引がなくて安いサービスを探すなら「dTV」「dアニメストア」「DMM見放題chライト」がおすすめ

 

実は多くない学割プランつきの動画配信サービス。

ですがAmazonプライムビデオを筆頭に、ご紹介した3社のサービスは、値段以上の価値があります。

また、学割がなくても十分に安い「dTV」や「dアニメストア」なども要注目です。

動画配信サービスは学生生活を送るなかで心強いパートナーになるので、どれか気になったものがあれば是非公式サイトをチェックしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました