動画配信サービス5社の会員数と利用者数を比較 | 最も利用されているサービスは?

動画配信サービス5社の会員数と利用者数を比較 | 最も利用されているサービスは?動画配信サービス

今日に至るまで、動画配信サービスの数は続々と増えており、これからサービスに加入しようと思っている方は、どのサービスを選べばいいか分からないと思います。

この記事では、現在リリースされている動画配信サービスの中でも、主要のサービスに絞って会員数の比較を行います。

 

どの動画配信サービスに登録するかの参考にしてみて下さい。

アメリア
アメリア

今回は日本の登録ユーザーにのみ数字を絞っています

※ 2021年10月時点の情報です ※

 

人気の動画配信サービス7社の会員数を比較

以下の主要な動画配信サービスの会員数(利用者数)をまとめました。

一番会員数が多いのはAmazonプライムビデオ

サービス名称会員数確認時期
Amazon Prime Video1460万人2021年10月
Netflix600万人2021年10月
Hulu280万人2021年10月
dTV400万人2021年10月
dアニメストア250万人2021年10月
U-NEXT240万人2018年6月
Disney+180万人2021年10月

出典:日本のSVOD市場、会員数はAmazon Prime Videoがリード

各サービス共、登録会員数を非開示にするタイミングや、公表するタイミングが異なる為、一律の時期の会員数で比較することができませんが、圧倒的に会員数が多い動画配信サービスはAmazonプライムビデオということが分かります。

それぞれの動画配信サービスについて解説していきます。

 

Amazonプライムビデオの会員数

出典:「Amazonプライムビデオ」公式ページ

出典:「Amazonプライムビデオ」公式ページ

サービス名称会員数確認時期
Amazon Prime Video1460万人2021年10月

日本のプレミアムSVOD市場の会員数は、8月末時点で合計4400万人。そのうち、Amazon Prime Videoの加入者数は1460万人で33%のシェアを占め、Netflixは600万人、2020年にサービスを開始したばかりのDisney+は180万人という結果だった。
出典:日本のSVOD市場、会員数はAmazon Prime Videoがリード

Amazonプライムビデオは、Amazonの運営する動画配信サービスです。

Amazonプライムビデオは、Amazonのプライム会員に加入することで無料で利用できるサービスの一つであるため、1億5,000万人の会員数は純粋なAmazonプライムビデオの会員数ではないことに注意してください。

Amazonプライムビデオも、「ドキュメンタル」を始めとしたオリジナル作品の製作と配信に力を入れており、コスパの良い動画配信サービスとしての立ち位置を確固たるものにしています。

 

▶︎ 登録方法を見る
▶︎ 解約方法を見る

 

 

Netflixの会員数

出典:「NETFLIX」公式ページ

出典:「NETFLIX」公式ページ

サービス名称会員数確認時期
Netflix600万人2021年10月

日本のプレミアムSVOD市場の会員数は、8月末時点で合計4400万人。そのうち、Amazon Prime Videoの加入者数は1460万人で33%のシェアを占め、Netflixは600万人、2020年にサービスを開始したばかりのDisney+は180万人という結果だった。
出典:日本のSVOD市場、会員数はAmazon Prime Videoがリード

NetflixはアメリカのNetflix,Incが運営する動画配信サービスで、日本でのサービス開始は2015年の9月となっています。

 

海外発のサービスであるため、海外ドラマに強い土台を持ちながら、最近ではアニメやオリジナル作品の配信にも力を入れており、会員数が右肩上がりに増えています。

オリジナル作品の「全裸監督」は見たことない方でも作品名は聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

Netflixは2020年9月の記者説明会にて、「2020年度末までに実写のオリジナル作品を15作品以上配信する」と発表しており、今後の成長が期待できる動画配信サービスです。

 

▶︎ 登録方法を見る
▶︎ 解約方法を見る

 

 

 

Huluの会員数

出典:「Hulu」公式ページ

出典:「Hulu」公式ページ

サービス名称会員数確認時期
Hulu280万人2021年10月

そのほかの主なサービスの会員数は、Huluが280万人、dアニメストアが250万人、U-NEXTが240万人。

出典:日本のSVOD市場、会員数はAmazon Prime Videoがリード

Huluは元々アメリカのHuluLLCが運営していましたが、日本事業については2014年から日本テレビ傘下の企業によって運営されているため、アメリカ本部とは違う作品展開となっています。

会員数2,800万人についても、Huluの日本会員である点がポイントです。

Huluの得意とするオリジナル作品は、日本テレビ系列のドラマ作品のアナザーストーリーです。

日本テレビの作品を主軸に配信しているため、安定した作品供給が期待できます。

 

▶︎ 登録方法を見る
▶︎ 解約方法を見る

 

U-NEXTの会員数

出典:「U-NEXT」公式ページ

出典:「U-NEXT」公式ページ

サービス名称会員数確認時期
U-NEXT240万人2018年6月

そのほかの主なサービスの会員数は、Huluが280万人、dアニメストアが250万人、U-NEXTが240万人

出典:日本のSVOD市場、会員数はAmazon Prime Videoがリード

U-NEXTは株式会社U-NEXTの運営する、比較的新しい動画配信サービスです。

見放題作品数No.1を強みとしており、運営元企業の決算発表資料では、NetflixやAmazonプライムビデオを抜いて一位となっています。

 

U-NEXTでは、今後既存作品の配信のみならずオリジナル作品の製作にも注力していくと発表していますが、現時点では特筆したオリジナル作品はありません。

 

▶︎ 登録方法を見る
▶︎ 解約方法を見る

 

dTVの会員数

出典:「dTV」公式ページ

出典:「dTV」公式ページ

サービス名称会員数確認時期
dTV400万人2021年10月

dTVの会員数は2018年6月時点で400万人で、動画配信サービスとしては国内最大級。エイベックス通信放送が運営、ドコモが提供している。

出典:日経トレンディネット

運営元がエイベックスグループになる為、人気アーティストのミュージックビデオや、ライブ動画といった音楽系の配信に強みを持っています。

その他にも、2018年にはdTV単独出資×クドカン脚本のオリジナル映画を製作、全国ロードショーを行うなど、他の動画配信サービスとは異なった特徴があります。

 

▶︎ 登録方法を見る
▶︎ 解約方法を見る

 

利用者が最も多い動画配信サービスはAmazonプライムビデオ

  1. Amazonプライム
  2. Netflix
  3. Hulu

上述では、各動画配信サービスの登録者についてまとめましたが、重要なのはアクティブなユーザー数です。

参考文献

調査では、定額見放題サービスとして利用しているサービスの上位3サービスは、Amazonプライムビデオ、Netflix、Huluの順番であることを発表しており、Amazonプライムビデオが会員数のみならず、利用者数としても上位であることが分かります。

 

2社以上登録しているユーザーも多い

また、動画配信サービスに登録している方の中には、2社以上のサービスに登録している方もいます。

調査によると、1社のみの動画配信サービスに登録している場合の最も多い登録先は、Amazonプライムビデオで36.2%と、次に多い登録先のNetflix7.8%を大きく引き離しています。

動画配信サービスに2社登録している場合でも、Amazonプライムビデオともう一つ他のサービスという形での登録者が最も多い割合となっており、Amazonプライムビデオのユーザー数が多いことが分かりました。

 

まとめ

複数の動画配信サービスの内、Amazonプライムビデオが、最も多くのユーザーに使用されていることが分かりました。

Amazonプライムビデオは、Amazonプライムに登録することで、実質無料で利用できるため、その登録ハードルの低さがユーザーの獲得に繋がっていると考えられます。

現在Amazonプライムでは、30日間の無料トライアルを実施しています。

これを機に、気になる動画配信サービスのトライアルに登録してみてはいかがでしょうか?

各サービスの無料トライアルはこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました